信用取引、気を付けないと大損に!?

実際の資金の3倍で売買するリスク

信用取引には手持ち資金の3倍のお金で株の売買できるという魅力があります。なので、もし30万円の資金があれば約100万円のお金で株を買うことができるのです。では、増えた70万円はどこから出てきたものなのかというと、証券会社の貸しつけです。そのため、信用取引をしたい場合は、証券会社に対して審査を申し込まなければなりません。 では、審査に通って信用取引ができるようになればいいことずくめなのかというと、そんなに簡単ではありません。というのは、信用取引にはリスクが存在するからです。それは、株価が想定外の動きをした場合、担保だけでは損失を吸収しきれず、証券会社に預けていたお金がなくなってしまう上、さらに債務が発生するというものです。

リスクを分散させるのが重要

なぜ、そんなに大きな負けが起こりえるのかというと、資金の3倍以上のお金で取引ができるというのがポイントです。当然、買える株数も3倍ということになり、値が想定の逆に動いた場合、現物取引で買った場合の3倍の損失が発生してしまうんですね。 こうした事態を防ぐためには、まず、売買する銘柄をばらすというのが重要。一つの銘柄だけに資金をつぎ込んでしまうと、損失を挽回できる手段がなくなってしまうからです。 また、一定の利益が出た場合は決済して、ある程度貯めておくのもいいでしょう。そうすれば、仮にそのあとに大きな損失が出てしまったとしても、プールしていたお金で相殺することができるからです。 信用取引を行う場合は、上記のようなリスク回避策を必ず立てておくというのが重要ですよ。