信用取引と現物取引って何が違うの?

手元に大きな資金が無くても取引ができる

まず最初に現物取引と信用取引の最大の違いを述べれば、現物取引は手持ちの資金を元に株取引を行うのに対し、信用取引は手持ちの資金を保証金として資金や株そのものを借りて株取引を行うという点が挙げられます。 現物取引では100万円の資金があれば、100万円までの株を買うことしかできません。それに対し、信用取引において100万円の保証金があれば、およそ300万円の資金もしくは株を借りて取引が行えます。つまり同じ元手でも、信用取引の方が取引規模を拡大できるという違いがあります。証券取引において得られる利益は取引する規模に比例して増えるため、それだけ信用取引には現物取引以上のメリットがあるということになります。

売りから始めることができる

現物取引には見られない信用取引の独自の特徴としては、『空売り』が行える点があります。 現物取引では、必ず株を買うことからしか取引を始められません。それに対して、信用取引でが保証金を元手として証券取引所や証券会社から株を借りて、それを市場に売ることができます。つまり、株取引を売りから始められるのです。借りた株を売り、株価が下落した所で買い戻して返済すれば、その差額分を利益とすることができます。 現物取引では株価の上昇局面のみでしか利益が出せないのに対して、信用取引では下落局面でも利益を出すことができるため、株価がどのような動きを見せようとも対応することができます。金利や逆日歩といった独自の取引構造を持つため、その運用に当たっては現物取引よりも注意する必要はありますが、大変利便性が高い株取引の手法だと言えるでしょう。