株取引を始めたけど信用取引って何!?信用取引について知ろう

信用取引は利益も損失も3倍に

「信用取引」とは、株取引の一つです。株取引は通常「現物取引」と呼ばれる取引を行うのですが、その場合、10万円の資金でできる取引は10万円分になります。ですが「信用取引」で取引を行うとその3倍の取引が可能で、10万円の資金なら30万円分の取引ができるようになります。利益が10パーセントなら、「現物取引」だと1万円の利益に対して「信用取引」なら3万円の利益が得られることになります。 ですが、デメリットとして損失も3倍となることも考えなければなりません。「信用取引」には期限があり、その期限内に必ず売買を完了していなければなりませんので、株価が下がってしまっても売らなければなりません。10万円の資金は10パーセントの下落で7万円になってしまうので要注意です。

株価が下がるほど利益が上昇する「空売り」とは

「信用取引」は大きな損失を生む危険性をはらんでいるので、初回取引をする前には審査を受ける必要があります。審査を通過することから取引名に「信用」と付いています。そして、「信用取引」には「現物取引」ではできない「空売り」という「売り」注文ができます。 「空売り」というのは、「現物取引」では株価が上昇することを見込んで「買い」から「売り」注文をするのですが、株を持っていなくても「貸し株」を借りて、「売り」を先にできるものです。株価が下落することを見込んで先に「貸し株」を売り、下がったところで買い戻し、一時的に借りた株を返すというもの。そしてその差額が利益になるので、「空売り」では株価が安くなるほど利益が増えることになります。