信用取引ってどんなことがお勧めなの?

信用取引の仕組みについて

信用取引とはお客様、すなわち投資者が証券会社に委託保証金を差し入れて、お金や株式を借りて行う売買取引のことで、一般的な現金取引とは異なります。現金取引に比べると利便性が高く効率的な資金運用が出来るなどメリットがあります。 信用取引の流れはまず証券会社から資金を借り入れてその資金をもとに株式を購入します。この借入の際に保証金として担保を差し入れる必要があります。証券会社によって異なりますが、新規で取引を行う場合は約定額の30%以上、約30万円が必要です。この取引のメリットはレバレッジ効果で手元資金以上の取引を行うことが可能な点です。例えば、信用取引の場合保証金を30万円入れることで、レバレッジが3倍の100万円まで取引することが出来ます。

個人投資家の半数が利用

信用取引を行う場合はいくつかの留意点があります。レバレッジ取引では手元資金以上の損失が発生する場合があります。そして信用取引にかかる手数料は、金利がかかるので証券会社によって差があります。また保証金額が一定率を下回ると、保証金の追加差し入れが必要です。ですが取引量に応じて無期限の信用取引サービスがあったり、10万以下の売買なら手数料が無料など、投資の幅を広げる事が可能です。 また証券会社によっては、取り扱う銘柄が変わってきます。一般的な銘柄数の多さや他社では取引できない銘柄など各社とも色々とサービスに力を入れているので、自分の得意な銘柄を有効活用したり、上手く使い分けることで投資の幅が格段に広がります。